「一分で話せ」🎵

一分で話せ エッセンシャルオイル
一分で話せ

☀皆さま、おはようございます♡

私は朝6時から、チームのみんなと朝活があります😊✨

1分で自己紹介も話せるようになりました♡

2分や5分ではなく、1分がいいんです✨

今日はどんな会になるのか、楽しみです♡

意識を高め合う仲間は大事な大事なタカラだと思います♡

さて、1分で話す事。

コレは実際には、片桐寛司さんから学んだ事。

是非、時間をはかり、1分の自己紹介など、

練習してみて下さい。

話せるようになりますよ😊

『1分で話せ』著者 伊藤羊一✨さん

この本、シンプルでストレートに響く言葉が並びます。

ゴールを決める!、ブレずにいく!など、私の好きな言葉ばかり。

以前、片桐寛司さんのご自宅に行った時は驚きました😆

私の家の本棚に並ぶ本ばかりあり、

お勧めしてくれる本も全てありました!笑✨

夫なおくんの選ぶ本のセンスのよさは感じていましたが、

実業家である片桐寛司さんと一緒の本の好みとは、とてもなおくんを誇らしく思えました😊

なおくんは難しいビジネス書も難なく楽しそうに読みます。

私が話しかけても、いつも通り穏やかに返事をし、ヘルプをしてくれ、また本の世界へ戻る…

凄く器用なんです。そして、学ぶ事が好きなんですね😊

私はというと、小説家、真藤順丈さんが好きです♡

ビジネス書よりは、推理小説を読むのが好きです😆

あと英語を覚える時には、恋愛小説や、アクションが頭に入ります😁

アメリカ ミシガン州に居た時に、私はわざと適当な映画を見に行きました🏃🎵

アクション映画です✨

言葉が単純なので、アクション映画だと英語を覚えれますよ😆(個人的にです)

勉強になります✨

なので、よく話題に上がらない映画でも、私には、お金を払う価値がありました💓☺️

なぜミシガン州に居たかの話しは、

また別の時に😊

‥話しを戻します😁

小説家 真藤順丈さんなんですが、

4月に行われる予定だった講演会に申し込みしてたんですが、コロナ騒動で無くなったので、残念でした。

『【テーマ】
直木賞作家 真藤順丈
「師と語らう文学」

小説「宝島」で第160回直木賞を受賞した真藤順丈さんを母校に迎え、真藤さんの学生時代のゼミ指導担当者、文学部教授寺澤浩樹との対談形式の講演会を開催いたします。
真藤さんと師との語らいを通し、文学との出会いや楽しみ、向きあい方に迫ります。』

↑といった会でした✨

師との語らい、聴きたかった!😭

また次回あれば絶対に行きます💪🔥

さて、そろそろ朝活の準備に入ります。

皆さまも、好きなお勧め本♡ありますか?

教えて下さい😊

と、言うことで「一分で話せ」是非読んでみてください。

では、また♡

have a great day🌈💛✨

0
タイトルとURLをコピーしました